あつた白鳥クリニック

電話での
診療予約も可能
052-671-1555

〒456-0035 愛知県名古屋市熱田区白鳥3丁目10-19

減酒外来

減酒外来について

減酒外来について

従来、アルコールに関する治療は、「やめること」すなわち断酒に重点を置いてきましたが、減酒外来では、「量を減らす」や「飲み方を変える」など、人によってさまざまな目標を設定して治療に取り組むことを目的とします。酒量を減らすことで、体と心の健康につながるとする研究もあります。

お酒を減らしたい、お酒の飲み方、付き合い方を変えてみたい
という人を対象とするのが減酒外来です。

写真

アルコール依存症の患者数はおおよそ80万人~100万人と言われていますが、アルコール依存症予備軍と言われる多量飲酒者は1000万人と言われています。健康診断や内科の血液検査などで「お酒の量を減らしてくださいね」と言われてもなかなか減らせない方もいらっしゃると思います。アルコール依存症になると、社会生活や命にかかわるため、一生お酒を辞める必要が出てくるケースがほとんどです。そうなる前にアルコールと良い関係で付き合えるように治療を行っていきましょう。

このような方へ

  • 飲酒の習慣に関して気になっていることがある
  • アルコールに関連した健康チェックを受けてみたい
  • 酒量を減らしたいと考えている

治療方法

治療方法

まずは血液検査、尿検査、骨密度検査を行い、その上で飲酒習慣や生活状況をお伺いします。
目標とするお酒との付き合い方を確認し、患者さんに合わせたお酒との付き合い方を提案します。次回診察まで、量や回数といった飲酒の状況を記録し、改めて医師と話し合います。何より、お酒との付き合い方を意識して生活することが大切です。
※初診時の検査の結果によっては減酒ではなく断酒の治療をおすすめする場合もあります。