あつた白鳥クリニック

電話での
診療予約も可能
052-671-1555

〒456-0035 愛知県名古屋市熱田区白鳥3丁目10-19

パーソナリティ障害

パーソナリティ障害について

パーソナリティ障害とは、性格の偏りや不安定さが強まり、多くの人とは異なる反応や行動をすることで、本人が苦しんだり、周囲の人が困ったりする状態を指しています。ものの考え方、捉え方、感情、衝動のコントロール、対人関係など広範囲のパーソナリティ機能が偏ることで、問題が起こり、生きづらさが増してしまいます。
リストカットなどの自傷行為を伴いやすい状態もあり、そうした状況を危機のサインとして周囲がサポートすることも大切です。

パーソナリティ障害にはいくつかの種類があります。

境界性パーソナリティ障害

気分の波が激しく感情が極めて不安定で、良い・悪いなどを両極端に判定したり、強いイライラ感が抑えきれなくなったりする症状がみられるものが境界性パーソナリティ障害と呼ばれます。不安が強くなりリストカットをしてしまう、いつでも死にたいと考えてしまう、恋愛依存が強く、一人になる不安が異常に強い、などの症状が見られる方はご相談ください。

症状

  • 極端なプラス思考と極端なマイナス思考の間を揺れ動く
  • 人に見捨てられることを恐れ、不安を抱いている
  • 人とのコミュニケーションが不安定
  • 気分や感情の変化に、周囲の人が翻弄される
  • ちょっとしたことで感情的になり、激しく怒ったりする
  • 衝動的行為、自傷行為を繰り返す
  • 薬物やアルコールなどに依存しやすくなる
  • 幸福感がない
  • 生きづらさや、自分が何者かわからない感覚を抱いている
  • ストレスにより記憶がなくなることがある

治療方法

精神療法

精神療法を中心に、症状に合わせた薬物療法も行っていきます。パーソナリティ障害には薬物療法の効果が低い場合や多量服薬を行ってしまうケースも多いため、患者さまごとに適した治療を行っていきます。

自己愛性パーソナリティ障害

自己愛性の原因は、幼少時代、親から認めてもらうことがなかったり、過保護だったりしたことで、自分をうまく作り上げることができなかったことにあります。見捨てられることを恐れ、不安に取りつかれる中で精神のバランスを保とうとして、自分は特別優れていると誇大なイメージを持ったり、認めてもらいたいという欲求を強く持ったりします。

症状

  • 成功、権力、才能といった空想にとらわれる
  • 過剰に称賛を求める
  • 自分には特権があると考えている
  • 目的達成のために他人を利用する
  • 他人に共感しない
  • 他人に嫉妬する
  • 尊大で傲慢な態度をとる
  • 自分を特別と思い込み、高い地位の人にしか
    理解されないと考えている

治療方法

精神療法

精神療法により、気分の浮き沈みを調整したり、ストレスを和らげたりして改善を目指します。まずは自分自身に症状があることを自覚して、治療に取り組むことが大切です。

演技性パーソナリティ障害

演技性人格障害は、幼少時代に虐待を受けた経験や、愛情を注がれなかったこと、幸せな思い出がないことが原因となって発症します。人からどう思われているかを常に気にして、良く見られたい、注目を浴びたいと感じているため、芝居がかった言動や派手な外見で周囲の関心を引こうとします。外向的な一方、自信がなくてプレッシャーやストレスに弱いという面もあります。

症状

  • 周囲から注目されたい、関心を引きたいと常に感じている
  • 注目されず、関心も持たれないと不機嫌になる
  • 自分の外見を気にしすぎる
  • 性的な賛辞を得ると満足する
  • 誘惑的な行動をとることがある
  • 感情表現が大げさになる
  • 周囲の言動や行動、物語の内容に影響を受けやすい
  • 感情が不安定なため、うつ状態になりやすい

治療方法

精神療法

自分の本当の感情に気づかないことが多いため、精神療法による内的感情の解明を行っていきます。また、患者さんに合わせて薬物療法を行う場合もあります。