あつた白鳥クリニック

電話での
診療予約も可能
052-671-1555

〒456-0035 愛知県名古屋市熱田区白鳥3丁目10-19

心療内科・精神科

心療内科・精神科について

精神科や心療内科は皆様の「こころの病」を扱う診療科です。
そのため、患者さまと医師、医療関係者との関係性が重要と考えております。
他の診療科と違い、体の中で起きている以上だけでなく、日常生活、衣食住、仕事、周囲の人間関係など皆さまと深く関わりながら治療を行っていく診療科ですので、一緒に寄り添って診療を行わせていただきます。

心療内科・精神科について

心療内科と精神科はいずれも「こころ」に原因がある病の治療を行いますが、
その症状の表れ方により、2つの科には違いがあります。

  • 心療内科
    心療内科はその名の通り内科の領域で、ストレスが原因で表れた胃潰瘍や心筋梗塞、喘息、腹痛、下痢、蕁麻疹、高血圧などの症状を治療します。いわゆる心身症を治療するのが、心療内科です。
    心療内科
  • 精神科
    精神科は精神疾患を専門に扱う科で、「こころ」の症状や病気そのものを治療します。不安や不眠、抑うつ、イライラ、幻覚、幻聴、妄想など、うつ病や統合失調症など精神症状が強く表れる病気が対象です。
    精神科

当院では、うつ病の症状や状態が
客観的にわかる光トポグラフィ検査を行っております。

様々な症状に対応可能です。
お気軽にご相談ください。

気分障害

気分障害の原因はストレス性のものの他、性格に根差した神経症性、生物学的な原因による内因性のものなどさまざまです。
症状は、気分が落ち込んだり意欲がなくなったりするうつ状態と、気分が高ぶって過剰に意欲的になる躁状態があります。
うつ状態のみ表れる場合をうつ病、うつ状態と躁状態が交互に繰り返されるものを双極性障害と呼びます。いずれも持続、悪化すると、日常生活や対人関係の構築が難しくなり、社会生活が困難となってしまいます。

身体的症状

  • 頭痛、肩こり、便秘、口の乾燥など
  • 食欲不振/食欲亢進
  • 体重減少/体重増加
  • 不眠/過眠
  • 倦怠感
  • 性欲減退/性欲亢進

心理的症状

  • ゆううつな気分
  • おっくうな気分
  • 爽快な気分
  • 怒りっぽい
  • 注意力散漫
  • 行動量減少/行動量増加

治療方法

  • img
    薬物療法
    セロトニンと呼ばれる脳内物質に作用するものが多く使用されます。双極性障害の場合は、気分調整薬と呼ばれる別の種類を用いることもあります。
  • img
    休養
    エネルギーを充電するための休養は、健康な人よりも多くとる必要があります。
  • img
    心理療法
    心理療法は、認知行動療法や行動活性化療法などを相談者の状態に応じて行います。

不安障害

不安障害

不安障害の原因は、理由がないのに落ち着かなかったり、心細いと感じたりする不安によるものです。危険に備えたり、問題を解決するための原動力になる正常な不安と違い、家族や仕事、人づきあい、健康など日常生活におけるあらゆることに不安を感じ、悩んでしまいます。様々な不安の種類がありますが、病的な不安は、精神的、身体的な疾患の兆候も考えられます。

代表的な不安障害

代表的な不安障害

パニック障害

パニック障害の原因は、過労やストレスによるものとされています。
一度発作が起きると、その後は再発への強い不安によって再び起こることがあり、脳内の神経伝達物質の働きが関連するともいわれています。心臓や呼吸器、胃などの疾患が疑われても異常が見つからず、慢性化してしまうことが多いのがパニック障害です。

症状

  • 動悸
  • 呼吸困難
  • めまい
  • ふらつき発汗
  • 吐き気
  • 下痢
  • 胸痛
  • 胸部不快感
  • 異常感覚
  • 感覚麻痺
  • 冷感
  • 熱感
  • 死に対する恐怖感
  • ふるえ

社交不安障害

社交不安障害(SAD)とは、人前で何かをすると緊張してしまい、ひどく苦痛であるか、それから逃げてしまう、避けてしまう状態のことです。対人場面での不安から、異常な動悸・震え・吐き気・赤面・発汗などの身体症状も出現するため、日常生活に多大な支障をきたす病気です。「社会不安障害」と呼ばれることもあります。

社交不安障害

症状

  • 緊張
  • 赤面
  • 発汗
  • ふるえ
  • 動悸
  • 息苦しさ
  • 腹痛
  • 尿意頻回
  • ぎこちない行動
  • 声がでない

強迫性障害

やめたい、無意味だとわかっていながら、ある考えがいつまでも頭から離れない、ある行動を繰り返さないと気が済まなく、本人も悩み、日常生活や社会生活に支障が出てくるような場合を強迫性障害といいます。

強迫性障害

症状

  • 何度も繰り返し頭に浮かぶ
  • ふり払おうとしても頭の中から消えない
  • 過剰に手洗い、入浴、洗濯をくりかえす
  • 誰かに危害を加えたかもしれないという不安から新聞や
    テレビに事件・事故として出ていないか確認してしまう
  • 戸締まり、ガス栓、電気器具のスイッチを過剰に確認する

全般性不安障害

将来起こる可能性のあること(病気、事故、地震)などを必要以上に心配し、心配してもどうにもならないことはわかっていても心配してしまいます。
強い不安感が続いて、緊張、集中困難がみられます。

全般性不安障害

身体的症状

  • 頭痛
  • 頭重感
  • 頭の圧迫や
  • 緊張感
  • しびれ感
  • めまい
  • 頭が揺れる
  • 便秘・下痢
  • 頻尿

心理的症状

  • 集中力がない
  • 緊張し続けてリラックスできない
  • いらいらして怒りっぽい
  • 悲観的になり人に会うのがわずらわしい
心的外傷後ストレス障害

心的外傷後ストレス障害

心的外傷後ストレス障害(PTSD)は、生死にかかわるような出来事を体験したり、死傷の現場を目撃するなどの突然の不幸な出来事によって、強い恐怖を感じ、それが記憶に残ってトラウマとなり、その時の体験が何回も思い出され、その時に戻ったような恐怖を感じ続けてしまいます。

  • フラッシュバック
    トラウマ体験をした人が、トラウマについて考えたくないのに、自分の意志に反して、そのつらい体験や記憶が突然思い出され、あたかもその時の出来事をもう一度起こっているようなイメージや体験してしまう。
  • 回避
    トラウマとなった出来事を思い出す状況を無意識のうちに避けようとします。また、不快な気持ちにならないようにするために、つらいことを考えたり感じないようにするあまり、感情が麻痺してしまうこともあります。なかには、出来事の一部を思い出せなくなる人もいます
  • 過覚醒
    強いストレスを受けた時に生体防御反応として起こる緊張状態が持続する状態です。
    驚きやすくなる、そわそわする、集中しにくくなる、眠りにつきにくくなることなどがあります。

治療方法

薬物療法

薬物療法

脳内にある神経伝達物質のセロトニンに作用する抗うつ薬を処方します。合わせて、認知行動療法や暴露療法で不安に対する「思い込み」を治療していきます。

ストレス

ストレスの原因は、日常生活の中で起こるさまざまな変化や刺激です。天候や騒音などの環境的要因、病気や睡眠不足などの身体的要因、不安や悩みなどの心理的要因、人間関係、仕事などに関する社会的要因などがあり、それぞれの要因で刺激を受けることにより生じる緊張状態がストレスです。

ストレス
  • 身体的症状
    • 肩こり
    • 頭痛
    • 腹痛・腰痛
    • 胃もたれ
    • 便秘・下痢
    • 食欲不振
    • 不眠・過眠
    • 動悸
    • 呼吸困難
    • めまい
    • ふらつき
    • 手のふるえ
    • 生理不順
    • 倦怠感
    • 疲労感
  • 心理的症状
    • イライラする
    • 感情的になる
    • 精神的に不安定になる
    • 不安感
    • 気分の落ち込み
    • 注意力・集中力の低下
    • 無気力状態
    • 消極的になる
  • 行動的症状
    • ぼんやりとする
    • 笑う回数が減る
    • 遅刻・早退が増える
    • ギャンブルに依存する
    • アルコールに依存する
    • 言動が乱暴になる
    • 仕事のミスが多くなる
    • 引きこもりになりがちになる

治療方法

  • 薬物療法
    抗うつ薬、抗不安薬、睡眠導入剤、抗精神病薬など、脳にある神経伝達物質に作用する薬を用いて治療を行います。
    精神的にリラックスすることで、ストレスを和らげることが可能です。
  • 心理療法
    心理的な悩みを軽減し、自らが成長して行動や考え方を変えるためのカウンセリングや、自律神経を調整するために筋肉を段階的に弛緩させる自律訓練法を用います。

神経症

神経症

神経症の原因は、ある明確な出来事や人間関係などに関する精神的な悩み、葛藤などです。その特定の事象がなければ発症することはないと、客観的にも判断できるのが神経症です。
家族内の問題、病気、身近な人の死、いじめ、災害など、原因は人によってさまざまですが、原因が解消することで神経症自体が治まることが多いのも特徴です。

症状

  • 恐怖感
  • 不安感
  • パニック発作
  • 強迫観念にかられる
  • 抑うつ状態
  • 記憶の喪失
  • 別人格の形成
  • 攻撃性の高まり
  • 動悸
  • 呼吸困難
  • 吐き気
  • 頭痛
  • 腹痛

治療方法

薬物療法/認知行動療法

まずは病気に対する理解や知識を持つことが大切です。
同じ悩みを持つ人、克服した人の話を聞くことも有効です。
その上で、必要あれば抗うつ薬や抗精神病薬による薬物療法を行ったり、認知行動療法やカウンセリングなども行います。

薬物療法/認知行動療法